実はParade Artistにはインディーズレーベルがあります。

Picnic Record

たった一年半で20作品をリリースしています。 これは、プライベートレーベルとしてはかなり多いと思います。ちょっと自慢です。

PIC001 トクヒサレナ Baby 2021/6/30
PIC002 Mei Air 2021/7/23
PIC003 綴璃なな 雨が降ったら/東京 2021/8/13
PIC004 綴璃なな ¥(しあわせ)/夕暮れ 2021/10/22
PIC005 綴璃なな 雑踏/フィルター越しの世界 2021/12/4
PIC006 黒木ちひろ 蒲公英 2022/1/22
PIC007 トクヒサレナ 95年ものビンテージトクヒサレナの祝・生誕祭 〜今年はひとりじゃないんだね〜  2022/2/1
PIC008 綴璃なな 透明な宝物/つづき 2022/2/19
PIC009 黒木ちひろ little sun 2022/2/18
PIC010 黒木ちひろ 祈りの糸 2022/3/11
PIC011 トクヒサレナ ザ・インタビュー トクヒサレナ 2022/3/22
PIC012 黒木ちひろ 葉桜 2022/4/8
PIC013 トクヒサレナ Flash 2022/4/22
PIC014 Mei Air 2022/5/14
PIC015 トクヒサレナ オルゴール 2022/5/20
PIC016 トクヒサレナ とうきょう / You&I [Limited Edition] 2022/6/6
PIC017 二段優希 Live Live [Limited Edition] 2022/7/1
PIC018 綴璃なな 華/真っ赤なチューリップ 2022/8/22
PIC019 (制作中) 2022/10/2(予定)
PIC020 (制作中) 2022/10/5(予定)

トクヒサレナが6作品、綴璃ななが5作品と、かなりリリースラッシュでした。
残念ながらここ一年はリリースできなかったアーティストもいます。
アーティストや時期によってリリーススケジュールを考えますので、多いも少ないもありません。CDはベストなタイミングで出せば良いと思っています。

テクノロジーの進化のおかげで音楽を制作する事は簡単になりましたが、リリースに伴う事務作業はますます複雑になっています。デジタル化で瞬時に世界中に音源が発信されるようになり、また著作権管理の大枠がデジタルに対応できていないので、今は過渡期だからでしょう。
例えば、ISRC(国際標準レコーディングコード)の登録と、著作権の管理。最低でもこのふたつは正しく処理しなければいけません。しかし多くのインディーズレーベルはやっていません。ヘタすると、ディレクターやプロデューサが教育を受けておらず、知らなかったりします。
Picnic Recordは特別な事情がない限り正しく処理しています。しかしこれがまたメンドウなのです。リリースの度に資料の整理と申請作業に2~3日はかかってしまいます。
実際にMeiのAirはナイジェリアで、トクヒサレナのFlashはアイルランドで聴かれていますが、作詞作曲家やレーベルの権利が守られるのはこのメンドウな作業をしているからです。でも、独りではもう限界かも知れません...。

リリースラインナップ

https://paradeartist.com/release

10月リリース作品 マスターディスクは完成しています お楽しみに!!